目を大きくするマッサージの方法

目を大きくする、またはそのように見せるマッサージは自宅でも、自分で行うことができます。

方法によっては少し難しい、コツを抑えておく必要があるものもありますが、以下の方法は比較的簡単に行うことができる内容です。


目を大きくするマッサージを行う前には、手を温めておくことが求められます。
これは手や指が冷えていると、正しい力加減がわかりにくいためです。



また手の冷えが皮膚に影響をもたらし、血行不良などを引き起こす恐れもあるからです。


それから周辺や掌にクリームやオイルを塗っておくのも必要です。

魅力の高いNAVERまとめの有益な情報の紹介です。

これにより、皮膚を擦ってしまうのを防ぐことができます。



では実際の方法です。最初に親指の腹をこめかみにあて、中指の腹で上瞼を目頭から目尻にかけてをマッサージします。
力を入れ過ぎないよう、小鳥を撫でるような感覚で5回程度、なぞるようにするのがコツです。
眼精疲労があり、血行不良が起きている人の場合、これだけでも終了後に目がすっきりしたような感じを抱くかもしれません。
そして今度は中指を曲げ、その第一関節の部分で先程と同じ部位をやはり5回程度、なぞるようにマッサージします。下瞼についても同様で、中指の腹、中指の関節と言う流れでなぞっていきます。最後は同様の流れで眉毛の下をなぞっていけば終了です。とても簡単なマッサージですが、これによりひとつは老廃物の排出が促され、むくみが解消されることで皮膚の垂下が改善され、大きくなることが期待できます。


加えて血行不良による眼精疲労の解消、それによるぱっちりとした瞳になることも考えられます。